NPO法人 サンハウス(Sun House)

ご訪問ありがとうございます。

私たちの特定非営利活動法人では学習支援「寺子屋 わくレオはうす」
フィリピン、プレジデント・ロハス市と協働の国際支援協力「ランドセルプロジェクト」

国内外大きな2つの柱を中心に「子ども達を笑顔」に
そして保護者の皆さんに寄り添える活動
を進めています。

ボランティアの活動にはそれぞれが伝えるべきメッセージやストーリーがあります。 

サンハウス=それは「陽だまりのいえ」

福岡市の認定NPOへむけて、新たなスタートへ向け走り続けています。

これまでのご支援、ご声援に心より感謝申し上げます。

これからもご支援のほど

よろしくお願い申し上げます!

ランドセルプロジェクトご協賛に感謝致します!!

久留米市荒木小学校様、福岡市立百道浜公民館様
旅の漫遊・ ふわわ株式会社 取締役西山さま、
レンタルキャンピング田中屋さま、(株)ウエダさま、
船昌商事(株)さま、フレッシュデルモンテジャパン(株)さま(株)上組さまより本年のランドセルプロジェクトのご協賛を賜りました。

卒業してしまえば、家のどこかで眠りつづける
あるいは、廃棄されてしまいがちなランドセル。

このランドセル達が
海を越えて「第2の人生」をおくります!
今年も海を渡りフィリピン、ミンダナオ島の
戦災、災害(大地震)、貧困で苦しんだ子どもたちへ
笑顔を運びます。

小さな思いやりが大きな架け橋に
そう言うプロジェクトにしてまいります。

新 着 情 報

おかげさまで、今年も全員進路を決めることができました!

昨年度は「寺子屋わくレオはうす」初!

推薦入試で大学進学を3名全員が合格です!加えて高校進学5名も進路が決まりました。理事、スタッフ一同益々精進して参ります皆さまの応援、よろしくお願い申し上げます。


・3月16日に修了・卒業式を行いました!寺子屋わくレオはうすから対面、リモートの8人の子どもたちが、新たなステージに巣立っていきました。お支えいただいた全ての方に理事会、スタッフ一同、心より感謝いたしております。




ご あ い さ つ 

代 表 :小 森 豊

いま、福岡で。思いは国境をこえて!


ボランティアグループ サンハウスが産声を上げたのは2018年です。
当時は6人に1人の子どもが貧困と言われていました。
貧困や国際的紛争などが原因で社会に教育格差が生じ、それは貧しさが貧しさを生む
負の連鎖につながります。
私たちは「貧困の連鎖を絶ちきり、困っている子ども達に学びの機会を」と、福岡で
グループを立ち上げました。
2022年より「居場所づくり」を中心とした活動を展開しています。

現在、アフターコロナとは言え、世界中で起こっている戦争、紛争の影響で、物価高騰に
加え実質賃金の上昇は物価上昇になかなか追いつくことができていない現状です。
特に、子どもが多いひとり親家庭やワーキングプア、そして一般的になかなか目に見えない「相対的貧困」のご家庭は生活が大きく脅かされています。
「暮らしの困窮」ではなく、「生命の危機」にすらさらされているご家庭が増えている
現状であり、これからの混沌とした不安定な世界状況の中で大きな課題です。
さまざまな原因で広がる子どもの貧困に加え、色んな意味で「生きづらさ」を抱えた子ども達の「居場所づくり」に、メンバー全員が思いを一つにして活動しています。

 

アフガニスタンで用水路建設に生涯を捧げられた中村哲さんは、私たちの高校の先輩でもあります。彼はこんな言葉を残しています。
「医療と薬だけでは貧しさをなくせません」「100の診療所より一本の用水路」
 「有名になって新聞に載らなくても、小さな英雄はたくさんいる。そういった人になって
   ほしい。」

私たちは決してヒーローではありません。しかし先輩から託された思いを受け止めたい。
そして何より教育の必要性とその可能性を信じています。

すべての子ども達が生まれ育った環境に将来を左右されない。
学びを通じて教えを手にする喜び、そして温かい思い出を胸に未来へ羽ばたいていく…
そんな希望と喜びの連鎖を、世代を超えてつないでいきたいと強く願っています。

私たちは「子どもたちの健やかな成長こそ、地球の未来そのもの」だと思っています。
ど んな状況であれ、子どもたちから「学ぶ意欲と喜び、そして仲間とともに切磋琢磨し、自分と向かい合い、寄り添ってもらった温かい思い出」を奪うことは決してできません。

いまの子ども達、そして次の世代へと。
時代がどう変わろうと綿々と受け継がれていく…そんな学びの場所を福岡に。
そして国境を越えて活動を広げていくことが私たちの使命(ミッション)と考えています。

代表理事 小森 豊ってどんな人?

理事Aさん

毎年、1月2日に高校学年同窓会が開催されます。
彼がまだ教師だった頃、旧友との楽しい時間を過ごしている最中に決まって中座します。
聞けば、教え子の中学生が補導され、警察から連絡があったとの事。「びびっとろうけん、はよ行ってやらな!」と宴会場からタクシーで駆けつけていました。同窓会と小森君の生徒引取りは、年末年始の恒例行事‼でした。

豪放磊落の見かけによらず、困っている人には、どんな場合でも寄り添うんだなあと感心しておりました。

理事Bさん

小森君は大きな声、大きな身体に似合わず根は繊細で優しい人。

そして何よりも熱い。熱血教師。

自分の生徒のためなら身体を張ってでも教え子を守る。

ふと私には「夜回り先生」と印象が被ることがある。

見た目は全く違うけれど、一人の人間として真剣に子供と対峙する。
子供たちを真に助けたい・伸ばしたいと願う心が同じだと感じる。

理事Cさん

私と代表理事「小森豊」という漢は福岡県立福岡高等学校時代の同級生です。

彼が今年N P Oを立ち上げるとの連絡があった時「なぜ小森はあえてまた茨の道を進むのか?教員という安定した道を進めば、いずれは定年を迎え、悠々自適の日々を過ごせるのに」と正直驚きました。
勝手ながら私は小森を動かした原動力のひとつに「ラグビーとの出会い」があったからだと思い込んでいます。
彼は社会的な弱者をどうしても見捨てられなかった。
彼らのために理屈でなく、先頭に立ってタックルに行かねばならなかった。
教師と生徒の関係を超え、ゴールラインを死守しなければならなかった。
私は微力ながら彼の活動を支持したいと思っております。


これまでの実績

全員第1志望校に合格!

一斉授業は全くありません!

独自のシステムでアクティブラーニングを指導・実施しています!

【 学習支援 】(ご承諾頂きました数名をご紹介します!)

・相対的貧困で進学を諦めかけていたAさん。たゆまぬ努力と強い意志で苦境を乗り越え
私立高校特進コースに準特待生で合格。素晴らしい結果を出すことができました。
・ひとり親家庭で不登校だったB君。「内申点9(オール1)」で学校で面接の
  リハーサルも受けさせてもらえませんでした。作文、面接指導もして単位制公立高校
 普通科に見事合格。
・ひとり親家庭で兄弟が多いC君。兄弟のこともしっかり考え、県立高校合格を決意
  たゆまぬ努力の結果、県立高校に学業推薦で合格。
・外国人子女のDさん。中学校での日本語の授業はほとんど理解できませんでした。
  4教科を英語で指導。私立高校国際コースに学業特待で合格。

【 海外支援 】~ 7年間で沢山の支援が届きました!~

・2016年ミンダナオランドセルプロジェクトを設立。
  7年間で2000個あまりのランドセルに文具、衣料、靴等を一杯詰めて
  紛争地域であったフィリピンのマラウィー、シティオ・ピピサンを支援。
  昨年度、今年度はミンダナオ島プレジデント・ロハス市、フィリピン社会福祉開発省(DSWD)と協働で活動を進める。
・フィリピン、キダパワン周辺の大地震へ人道支援。
  現地ボランティアグループ(Ramel Shin Antipuesto代表)と協働し、インフラの崩壊
した地域に水タンク、水、食料、衛生用品を支援。
また、今年夏の豪雨による鉄砲水や地滑りの被災地も同グループと支援。


理 事 会

代 表 理 事:小森 豊(団体職員)
副 理 事 :
勝田 洋輔
(かつだ内科・循環器内科クリニック院 長 )
副理事:白川博厚(公務員)
理 事 :龍 正子 (会社員)
理 事 :
木本 一彰(団体職員) 

 
 監 事 :古川 衛子(自営業)

正 会 員 

(順不同・敬称略)
・小森豊(団体職員)・古川衛子(自営業)・木本一彰(団体職員)・龍正子(会社員)
・彌永玲子(会社役員)・森本祐子(大学教授)・森君夫(会社役員)・尾郷淳(会社員)
・白川博厚(地方公務員)・菊原智(会社員)・河野久志
・吉村慶太郎(会社員) ・勝田洋輔(かつだ内科・循環器科内科クリニック)

賛 助 会 員(個人)

(順不同・敬称略)
・日下部恵美・寺尾佳樹・永田伯治・清水亜紀・M.K・石原宏子・M.M・江頭毅・荒牧幸子
・中山浩章・籾井達夫・名和達彦 ・湊洋二・塩塚めぐみ・藤田潮・田中由香・中島朋子・矢野和美・古賀智子
・秋山朋子・H.S・岩永智子・工藤みどり・安武美季・中野博美・河野裕子・藤波敦・T.T・大谷雅昭
・林田清治・小森優美子・K.A・三根浩二・溝俣洋一・大庭聡子・古賀啓子・K.M・N.E・塘原豊和
・菊池学・鮎田弘文・八田公子・黒澤忠弘・武石裕樹・Y.T・河野薫・葛西恵美子・H.K・板澤達男
・大庭由美子・田中陽・押本一星・中司泉・松永啓市・赤松泰典・安井元昭・池野友徳・今林宏司
・古賀美佐子・岩崎勝弘・豊福一郎・浜口孝志・K.K・平川砂知子・明石典子・松尾晴之・庄野八寿王
・梶谷篤志・篠原彰広・斉藤朱実・T.M・林隆三商店・佐藤美木子・博多屋敏明・中川陽一・中野恵一
・内山耕一・安恒寿人・坂口彰・近藤健二・K.N・石川久美・平田達志・嶋本蓉子・早川康臣・政栄克明
・宮川 誠・河野忠久(会社員)・城戸久夫・ 朝見由実 ・  福島百合子 ・太田伸二


賛 助 会 員(法人さま)

(順不同・敬称略)
 (株)JTB福岡支店 


ご 寄 付

(順不同・敬称略)
・籾井達夫・K.W・Y.M・吉村慶太郎・林田清治・古川衛子・龍正子・中島朋子・M.M 
・矢野和美・渋谷菜美・塩塚めぐみ・藤田潮・田中由香・廣田稔・H.N・A.O・中野博美
・K.M・塘原豊和・河野久美子・櫻井政嘉・永田伯治・T.H・板澤達男・A.K・古賀美佐子
・木本一彰・N.Y・勝田洋輔・今長谷大助・J.Hiraishi ・城戸久夫・藤田潮・吉田敦
・松本剛 ・橋本道則・木本一彰


沿革

~千里の道も一歩から~

かつて私たちは小さなスタートを切りました。
そして同じ夢を目指す同士が集まり
明日を創る子ども達の成長を信じて
大人である私たちが良いバトンを
手渡すことが出来るように
新たなスタートにつきます。

グループ理念

1つのことを達成するにはには
揺るがぬ信念が必要です。

「子ども達の成長=地球の未来」


その信念こそ、私たちに揺るぎなき成果を
出すことができる最大の理由です。

取り組み

新たなチャレンジは私たちの原動力です。
未来を担う子ども達の笑顔が喜びであり
楽しくも真剣に取り組んでいます。

国内の学習支援活動のみならず
海外での紛争地域や貧困の連鎖とも
しっかりと向き合っていきます。

NPO法人サンハウス(Sun House)の

正会員・賛助会員ご入会


ご寄付について

ご寄付をご検討の方がいらっしゃれば、下のボタンよりお進みください!